産科と婦人科は全くの別物?淋病になってしまったら産婦人科でもOKなのかな

命を授かるという神秘的な瞬間に立ち会うことができる診療科目は「産科」です。
ここで「あれれ?」と思われた女性も多いかも知れません。
どうして「産婦人科」ではないのかという疑問を持たれても、致し方ありません。

 

産科と婦人科は全く別物の科目

実は産科と婦人科は全く別物の科目です。
総合病院などに行くとちゃんと別れているケースがあります。
しかし個人の病院で「産科」だけをメインにして病院を運営していても、子供がそうそう生まれてくるわけではないため「婦人科」もセットにして営業している。
だからこそ「産婦人科」が町中にはたくさんあるのです。

 

性病に関しての治療を適切に受けることができる

産科は子供を産むための科目、すなわち病気を治すための科目ではありません。
一方で婦人科は、女性の体特有の悩みを直すための科目です。
たとえば生理痛や性病は、女性の体特有の悩みすなわち「病気」ですから婦人科を利用することになるのです。

 

恥ずかしいというのであるならば女性の医師に診察してもらおう

婦人科の医師になるために、男性か女性かは問われません。
ただ「淋病の治療をしたいというにもかかわらず、男性医師に自分のあそこを診られるのは抵抗感がある」というかたは事前に女性のお医者さんが営んでいる婦人科を選びましょう。
女性同士ですから、性病だけではなくいろいろな相談ができることでしょう。

 

女性同士わかり合える悩みを話すことができるかも知れないよ

男性でも女性でも、性病に関しての治療を始めると今まで聞きたかったけれど聞くことができなかった性にまつわるお話などを聞く方がいらっしゃいます。
せっかくですし婦人科の先生に、性病以外のことをいろいろと訪ねてみてもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ